親指を隠さないと親の死に目に会えない   

霊柩車関連迷信霊柩車は不祥のものと、霊柩車が走るように親指を隠さない親の死に目に会うことができないなどの有名な迷信がある。 鉄道車両 鉄道車両も霊柩車は存在している。鉄道員→鉄道省で英照皇太后・明治天皇と大正天皇の崩御時、その遺体を運送するために轜車(じしゃ)が製作された。 一般用の霊柩車として、1915年(大正4年)名古屋市の八事の市立共同墓地火葬場が建設されてもとも、尾張電気軌道(名古屋鉄道の前身の1つ)が墓地に線路を撤回し、既存の電車(9号され、 4号とする説もあり)を改造して、霊柩列車を製作している。この霊柩電車は、車体の中央に棺を入れた幅1800mmのドアを設置し、会葬と一緒に墓地まで移動したという。この霊柩の列車は、1935年(昭和10年)頃(1931年(昭和6年)という説もあり)として使用された。世界的にもまれなケースとして知られている。 無縁仏(むえんぼとけ)は、供養する親族や知人の行方不明の死者や霊魂、またはそれらを招いての仏像や石仏などを意味する。 現代の日本では一般的に死者は火葬されて墓に葬ら子供と兄弟のような親類縁者によって供養されますが、代を重ねて連れて墓の承継者の消滅などにより、無縁化することが出てくる。この埋葬が無縁仏された墓は大都市の墓地には約10%を超えるほどであるとも呼ばれて供養塔無縁仏だけを集めた、無縁墓地に合祀されてもならない。 "三界萬霊塔(さんかいばんれいとう)"と呼ばれる石塔で埋められているところもある。 にもかかわらず、いくつかの立場は供養する子孫が続いても、知人が遠くに移転し、代される場合の無縁仏と化した。確率論的には子々孫々までの供養になる可能性がはるかに低く、すべての墓はすべて無縁化の運命を辿る。一部ではこのような考えを背景に墓など作るのではなく、自然葬と海洋散骨などの直接遺骨を海、山などの大自然の循環の中で返すとする人もいます。これは、都市部などで見ることができるの墓地不足の墓の森と宗教の商業主義に対する反感、宗教観の変化、核家族化、少子化による棺理の維持への不安などが背景にあると考えられる。
[PR]

# by tukisiduku | 2010-07-09 15:21